こんにちは!

メンタルマネジメントマイスター 五十嵐(がらし)です!

 

実業家であり親しくしている小林隼也さんにオファーをいただき、「飛躍の2019年を作り出すゴール設定」

というテーマでセミナーさせていただきました!

また、このきっかけから、別の場所でのセミナーの機会や
個別コーチングのオファーもいただけたりと、飛躍の起点
になりそうな一日になりました

 

やる気のない人は存在しない。
やる気をなくさせる「ゴール」を持っている人がいるだけだ。

 

と世界ナンバーワンコーチのアンソニーロビンズは言う。

 

「行動力がなくて」「継続力がなくて」
と自分を傷つけてしまう人が多いと思うけど、
問題なのは「あなた自身」ではなく、「ゴール設定」
が間違っているからというのが本質。

 

なので、まずは、「自分にとって今設定しているゴールは果たして魅力的なゴールにできているのだろうか?」

と疑ってみることが大事。

そもそも、ゴールに夢中な状態の人は、そんな質問を投げかける必要もないかもしれないですけど!

 

ゴールに対して「やらなきゃ」となっているのであれば、

それは、狙っている方向性を定める意味では意味があるかもしれないけど、あなたを突き動かすゴールという意味では、理想的なゴールではない。

 

「そうは言っても、そんなゴールでも立てないと目指せない」

と思う人もいるかもしれない。

 

それは間違ってない。

でも、「やらなきゃいけないこと」はきっと目標にしなくてもやりますよ。

だって、それをやらないことで「痛み」があるはずだから。

人は、「現状が損なわれる」ことを恐れるから、そのためにやるべきことは優先順位下がりませんから。

 

でも、自分のステージを上げていくゴールを定めるなら、

それは「やらなきゃいけない」という延長にはなくて、

「やりたい」という「欲求」や「決意」の先にしかないです。

 

「やらなきゃゴール」を設定してしまうことを「是」としてる人の共通点はおそらく

「ゴールは未来を変えるもの」と思っている可能性が高いです。

 

それは本質的ではなくて、本質は

「ゴールは今を変えるもの」という考え方。

 

そのゴールを見ることで、「今、何かアクションを起こしたい!」と「今の行動を変える」ことに繋がるのが、理想的なゴールです。

 

「そのために」やらなきゃいけないこと

というのが、「ミニゴール」として存在している。

 

という順番が適切な「やりたい」と「やらなきゃ」

のバランスかなと思っています。

 

 

85%の人は、新年の目標を2月の2週目には忘れる。
もし、「新年の目標を忘れたくない!」とか「ここから残りの11ヶ月をもっと加速させたい!」という人は、ぜひ僕の場をキャッチしてもらえたなと思っております!

2月は、その描いた「ゴール」に対して、
どういう「時間の使い方」をしていけばいいのか?
という「タイムマネジメント」について、下記のイベントにあるようにセミナーをさせていただきます!

「時間の使い方」=「生き方」

ということで、参加した人の一年間が「確実に変わる」
2時間を提供します

僕もまだまだチャレンジャー!
でも、自分がお伝えさせていただいてる
「飛躍の法則」「飛躍のタイムマネジメント」を自分が一番実践させていただいて、「実践者」として、共に走る人たちに一番背中を見せられる自分でありたいと思います!

こっぱずかしいこと言うが、飛躍の2019年にマジで
「攻めの実験」で一緒にチャレンジしていきましょう!!

https://www.facebook.com/events/347441049440687/

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です