こんにちは。

五十嵐将雄(がらし)です。

 

久々に購入したい本があったので、書店に。

 

井上裕之先生の「マルチプル超勉強法」
〜人生100年時代のキャリアの作り方〜

歯科医師をしながら、ベストセラー作家、講師
など複数の場所で活躍する井上先生が、
今後のパラレルキャリア全盛の時代における
独自のインプット法を公開された著作!

自分の今年のサブテーマに「攻めのインプット」というのを掲げているんだけど、その理由は

「インプットを変えなければ、良質なアウトプットは生まれない。」

と思っているから。

 

・アウトプット力を高めたい。
・もっと良いアウトプットをできるようになりたい。

と考える人は多い。
もちろん自分もそこは高めていきたいから、
発信もするし、文章も書く。言語化もする。

「アウトプット力」に興味関心が高い人が多いから、樺沢紫苑先生の「アウトプット大全」も人気があるんだろうなと思う。

 

ただ、良いアウトプットをするには、自分が取り入れているものに「良いインプット」がなければいけない。

何も取り入れてないのに、何かが出てくる
ということはありえない。

出力するには、入力が先。

だから、「攻めのインプット」
量も増やしたいし、質も高めたい。何より
「体験に投資したい」というのが一番強い。

これからの時代のキャリア形成を考える人にも、
自分のようにアウトプットの質を高めたい人にも、きっと学び多き一冊になると思います🆗

この本の編集者でもあり、ベストセラー請負人の
長倉 顕太さんの最新の著作「モテる読書術」
も読み、さらに「学び」「教養を磨く」ことへの欲求も高まっている

 

1月の過ごし方が、1年のベースになる!

今日の夜もまたアウトプットの場があるので、
良質なインプットとアウトプットのサイクル
引き続き、回していきたいと思います!

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です