こんにちは。

五十嵐将雄(GRS)です。

 

キングダムイベントに学ぶシリーズ

いよいよ⑦!

ということで、個人的にイベントの中でもっとも気づきと学びが大きかったのが、この「那貴の飛信隊入り」に学ぶ

「桓騎と信のリーダーシップの違い」

の部分!

 

早速、本題に!

 

 

那貴は元々は桓騎軍にいる、1000人将

 

信が桓騎軍に援軍にきて合流した形の戦いだったので、

お互いの軍の情報交換をスムーズにすべく、一部の兵をこの戦いの間だけトレードしましょう

という提案が桓騎軍からあり、その代表者が那貴だったというわけですね🆗

 

 

ですが、一時期のトレードだと思ってたはずが、戦が終わると那貴は

 

と言って、飛信隊への移籍を希望します。

 

桓騎軍は、他の正規の軍と違い、不良集団みたいなイレギュラーな組織なので、桓騎は引き止めることはしませんでしたが、「理由だけ教えろ」と言うと、那貴は一言

 

 

とだけ答えた。

 

 

 

一見すると、なんてことないシーンなんですが、

これまたスピーカー陣の読み解きが深くて、、。

 

 

まず、多くの人を束ねるリーダーとして、

何かしら部下やメンバーの「欲求」を満たすから、メンバーたちはついてくる。なので、「どんな欲求」を満たしてあげることで仲間を統率するのか?

といったところが、リーダーに求められる一つ大きな要素。

 

桓騎と信ではそのリーダーシップに大きな違いがあって、

桓騎軍では、略奪や陵辱はなんでもアリ、いわば「欲望」むき出しの人たちが集まっている軍。

なので、そういった本能的な欲求を満たしてあげることができている軍。

 

信の軍は、そういった「欲望」のままに行動することは良しとせず、信念や倫理観や思想や、そういった「目には見えない」ものを大切にしているような軍ですね。

だから、形あるものを得られて満足というよりも、

尾平が言っていたように、「俺らは心が満たされてる軍」

という精神的なところで与えられているものが大きい軍ということができると思います。

 

また、人間には三大欲求がありますが、

桓騎軍はその中では、「性欲」を与えてあげることができていて。

飛信隊では、那貴の言葉だけを見ると「食欲」を与えていると読み取れる。

 

これは桓騎軍は飯を食わせてないとかそういう表面的なところではなくて、

欲求を「共有」できているグループかどうか?

というのが非常に重要とのことでした。

 

本来、欲求というのは、人前で見せるのは恥ずかしいもの。

寝てるとこ、SEXしてるとこ、ご飯を食べてるとこ、

どれも積極的に人に見せたいものではないですよね?(一般的には笑)

 

そして、睡眠欲と性欲は共有できないけど、(性欲は相手の一人だけとは共有できるけど)

唯一共有できるのが「食欲」だけ。

 

そういう意味で、那貴が飛信隊に移りたいという理由にあげた

「飯がうまい」っていうのは、そうやって

一緒に「食欲」を満たし合える関係であり、「欲求」を共有できた関係だった。だから、深い関係値を作ることに至った。

ということが読み取れるとのことでした!

 

まさか、たったの那貴の

「あっちで食う飯ってうまいんすよね。意外と。」

 

って一言から、ここまでの人の本質が読み取れるとは!

 

だから、スピーカーの人たちも最後に言ってたのは、

「飯を食うのがうまいって思える仲間になろう」

とのことでした。

確かに、味が美味しいかどうかよりも、一緒にご飯を食べていて「幸せ」とか「楽しい」って思えるかどうかの方がよっぽど大事ですよね!

そういう「場」が「うまい」って思える人間関係を築いていきましょうとのことでした✨

 

このエピソードは衝撃だけど、すごい納得させられた!

もっと、人とたくさんご飯を食べに行きたいなと思いました!

一番、興奮した学びでございました!

ありがとうございます(^^)

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です