皆さん春をいかがお過ごしですか?

 

私は絶賛花粉症ですごく辛い、、、

花粉症にすごく悩まされ、イライラしてる。

 

でも、ふと思った。

 

冬が寒かったときは、寒くてイライラしてて、
春を心待ちにしてた。

でも、お望みの春が来たのに、またイライラしてる。

 

「イヤな方を積極的に見てる」んだなって思った。

季節に罪はない笑

 

これは、人間関係や社会との付き合い方、人生との向き合い方、

周囲にあるものが全て自分にとって都合の良い形でやってくることなんてありえない。

でも、人間はなぜか、

「これは良い」「これは好き」

っていうものと、

「これは悪い」「これは嫌い」

っていうものをジャッジしたがる。

 

晴れの日が良い訳でもない、

雨の日が悪い訳でもない。

 

良い人って言われる人が「良い」訳でもなく、

悪い人って言われる人が「悪い」訳でもない。

 

晴れの日がくると都合が悪い人もいるかもしれないし、

雨の日がきたら、恵みの雨を待ち望んでいた人にとっては嬉しいこと。

 

良い人ばかりの職場や人間関係に恵まれてしまったら、

自分が生き方や関わり方を向上させる機会に恵まれていない。

悪い人(何をもって「悪い」っていうのかは人それぞれだと思いますが)がいるおかげで、正しくあろうとする人が生まれたり、正義が生まれたり、

「自分が変わらないと」と決意をする人が生まれるきっかけになるかもしれない。

 

要は「見方」の問題。

 

出来事や事実は一つであっても、

「見方」は人の分だけ、捉え方や解釈の仕方が変わる。

 

人生は自分の望んだことが全て起きているというのは、そういうことなのかもしれない。

自分の見たいように見えてるから、自分の望んだ通りのことが起きているんですよと。

 

もし、本当に自分の望むことが今起きていることだとしたら?

今感じていることが望んでいるものだとしたら?

 

納得? それとも、「全然そんなことない!」って思う?

 

もし、違和感を感じるなら、それは自分の「色眼鏡」や「フィルター」

に気づくタイミングかもしれませんね🆗

 

僕の話で言えば、冬の寒さも春の花粉症問題も、結局

「悪い方にフォーカスしてた」のは自分。

花粉症を喜びに変えることはできないけど笑

向き合い方を変えることはできる(実際に鼻うがいをスタートさせました🆗笑)

春なら、暖かさとか、綺麗な桜とか、
良い方に、感謝できる方にフォーカスしたいなと思った。

 

もし、自分が日々感じることを選べるとしたら、

どんな風に今日の世界を見ていくことを選択しますか?(^^)

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です