こんにちは。五十嵐です。

「即レス」

心がけてますか?

反応が早いというのは、仕事がデキる人の共通項ですよね!

反応が早いというのは、相手へのギブです。

反応が早いというのは、信用につながります。

反応が遅いというのは、罪です。言葉は重いけど。。

でも、社歴が若いときほど、気をつけた方が良いですね!

反応が遅いというのは、自分基準で時間を捉えてるということ。

反応が早いというのは、相手基準で時間を捉えてるということ。

人間の尊厳に関して言えば、年齢が上だろうが、役職が上だろうが、

どちらが偉いとか偉くないとかはないと思います。

でも、ビジネスパーソンの世界で言えば、

間違いなく、目上の方は自分よりも「時間の価値が高い」ということが言えると思います。

レスが遅いというのは、相手の時間を尊重していないということになります。

そこが認識できていれば、「即レス」するのは当たり前だなと思えます。

どうせ、返信する内容が一緒なのに、レスのタイミングが遅くなってしまう人は、

そのあたりの認識が弱いです。

また、それによって自分にどんな機会損失があるかというのをイメージできていないかなと思います。

「即レス」は能力とかスキルとかが問われるものではなくて、

本人の「あり方」や「スタンス」でどうにでもなるものです。

社内であれば、同じ仕事を振るのであれば、レスが早い方に仕事を振ります。

取引先であれば、同じものを購入するなら、レスが早い方から購入します。

本当に、こういうのってざらにあると思います。

仕事は結局のところ、社内外問わず「信用」が全てだと思っているので、

「即レス」できるかできないかは、常に「信用」のポイントが上下しているんだなというのは、

認識しておいた方が良いですね!

これは、今後ずっと使えるスキルであり、あまり意識できていない人と

「差」がつくポイントになるので、ぜひ会社員の方もそうでない方も、

まだ身についていないなという方は、「即レス」心がけてみてください(^^)

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です