前回は

「出会いに投資する」というテーマで書かせていただきましたが、

今回はその出会いを活かす

「出会いを最大化するための7つのコツ」

というテーマです。

 

⬆︎今もお世話になっている私のメンターの経営者Uさん。           元々は会社の先輩後輩の関係でしかなかったですが、自分が会社員を辞めるきっかけになった副業を教えてくれたり、ビジネスのいろはを教えていただいた方です。  会社員を辞めてから、独立後も引き続きお世話になっています。         ただの先輩後輩の関係でしかなかった出会いを最大化できた一つの事例です。

 

 

 

前回は、普段自分が関わっていないステージの人との

「出会い」や「人脈」を作ろうという話でしたが、ステージの高い人いうのは

当然、多くの人と出会ってますし、多くの人から必要とされている場合がほとんどで、

自分だけのために優先して時間やエネルギーを投資してくれるというのは、基本的にはありません。

 

では、その中で優先順位をあげてもらうコツ、いわば

「可愛がられる技術」

というのはどういったところがポイントなのか?

それが以下の7つです。

(1)盛り上げ上手
(2)立て上手
(3)褒め上手
(4)報告上手
(5)気配り上手
(6)質問上手
(7)喜び上手(もらい上手)

 

まずは、ざっくりと「こういった要素があるんだ」とだけ掴んでおいていただければと思います。

自分から7つのコツと書いといて、元も子もないことを言いますが、

結論から言ってしまえば、

「明るく楽しく元気よく」振る舞い、「誠実」でいさえすれば、

基本的には好かれたり、可愛がられたりするものかなと思ってます。

少なくても、自分はそういったことだけを意識してきて、その恩恵は大きかったなと思うことがたくさんあります。

 

7つのコツの方に話を戻すと、

まず「盛り上げ上手」ですが、

自分よりステージの高い人は、基本的に他の人たちに対して「影響を与える」立場

にいることが多いと思います。その中で、自分にだけ与えてほしいという

「くれくれマインド」の人と、

「どうやったら、この場がもっと盛り上がるだろう?」「もっと良い空間になるだろう?」

というマインド、スタンスの人だったら、どちらの方が可愛がられるでしょうか?

 

当然、何かをもらいにくる人が大勢いるのは、その人もわかっていると思うので、全力で与えようとしますし、もらいにくる人を嫌がるということはないと思います。

ただ、そういった人ばかりの中で、抜きん出て可愛がられるには?

と考えれば、プラスアルファの貢献が求められてきます。

 

「場に貢献する」というのは、何も「盛り上げる」だけでなくても、

「他の人に配慮する」「他の人に気配りする」ということを意識するだけでも、できることはたくさんあります。

ステージの高い人たちは、色々と気づいても、人に捕まっていることが多いため、なかなか動いたりできないことが多いかと思います。

その中で、自分が気づいたことを他の人がやってくれているとしたら?

自分が気を回せない人たちにまで、配慮してくれる人がいるとしたら?

 

感謝の対象になりますよね✨

 

ちなみに私の場合は、エンターテイナー気質なことが影響して、

そのまま「盛り上げ役」的なことで重宝されることが多いです笑

⬆︎以前に、お世話になっている経営者のバースデーパーティーにて

 

 

でも、これも貢献だと思ってます。

 

なんでもかんでも自分でやろうとすると、疲れてしまうと思うんですよね。

 

また、自分がやらないことによって、自分のティーを上げるという効果や心理などもあるでしょうから、そういう意味でも、ステージの高い人には「与える役」だけに集中してもらって、「場を盛り上げる」とか「参加者のおもてなしをする」といったことは代わりにできることは代わりにやってあげた方が良いと思います。

 

長くなってしまったので、7つのコツのうちの1つだけでひとまず笑

 

2〜7まではまた次回ということで(^^)

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です