こんにちは。五十嵐です。

またまたファッションの話。

カラーリングを学ぼうということで。

自分もそこまでめちゃくちゃ学んだわけではないですが、

でも、基本的なところで、色が相手に与える印象などは勉強しました。

ざっくり言うと、

赤=情熱、エネルギー

青=誠実、冷静

緑=安心感、やすらぎ

黒=重厚感、説得力

とかそういう感じですね。

なので、結構一日のスケジュールを考えて、自分のスーツの色やネクタイの色を考えてましたね。

例えば、

プレゼンテーションの日であれば、

「黒のスーツの方が説得力が増すな」とか

「赤のネクタイで、勝負感を出すか」とか

グレースーツはスタイリッシュな印象やフレッシュな印象はあるけど、

説得力を出したいプレゼンにはちょっと不向きかなと考えてました。

また、クレーム対応であったり、ちょっと怒りっぽいお客様のところにいくときに

赤系のネクタイとかは避けるようにしてましたね。

逆に、青系のネクタイとかをつけるようにしていました。

もちろん、それによってどこまで実際に相手の行動が変わったのかということに関しては、

自分には推し量ることはできませんが、少しでもチャンスは拡大したいし、リスクは抑えたいですからね。

ファッションに興味を持つというのは大事だと思います。

相手から常に見られてるわけですし、いくら考え方がしっかりしていたり、

セールスのスキルがすごかったとしても、見た目が見窄らしいだけで、説得力は一気に落ちますからね!

そうやって一つ一つのことに「意図を持つ」というのは大事だと思います!

どんなファッションでいくのか?

どんなアイテムを持つのか?

どんなお客様と会うのか?

どんな話をするのか?

全てが、「売り上げを上げる」というパーセンテージを上げるための行動につながると思うので、

ぜひカラーリングも、その一つの要素として、気にするきっかけにしてもらえたらと思います(^^)

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です