こんにちは。五十嵐です。

意外と見た目系の投稿ネタが多いことに自分でもちょっと驚き笑

結構考えてたんだなと、ちょっと感心しました笑

今回は、「髪型」の与える印象についての話です。

髪型自体は基本的には黒髪×ショート

というのが、誠実な印象を与えるために、無難なチョイスなので、

ここは皆さん周知のことかなと思っておりますが。

「整髪料」によって与える印象については考えたことありますか?

ハードワックスとか、ソフトとか、ドライとか、マットとか、ポマードとか、ジェルとか、

色々ありますよね!

何を使うかはさておき。

与える印象を左右する、分かりやすい二つの対比をすると、

「ノーマル」か「ウェット」かですね。

「ノーマル」というのは、「マット」というか、

要するに、「ツヤなし」ですね!

髪の通常の状態。

「ウェット」はちょっと濡れてる風ですね。

「ツヤあり」ってことです。

この二つで比べると、

「ツヤなし」の方が、ラフな印象なので、

プライベートに適している感じです。

「ツヤあり」の方が、ちょっと「固さ」を演出できるので、

ビジネスシーンに適しています。

なので、僕はけっこう

平日はウェット

休日はノーマル

みたいな形で使い分けたりしてました。

もしくは、

プレゼンのある日はウェット

プレゼンのない日はノーマル

とかそんな感じですね!

カラーリングの時にも話しましたが、

けっこう見た目が相手に与える印象とか、

それによって自分が伝える内容の説得力って、

細かいところ挙げると、本当にたくさんあるんですよね!

商談やプレゼンといった「勝負」がある日は、

ぜひ「ウェット感」を出してみて、説得力が増してる状態で戦ってみてほしいですね!

ちなみに、僕は

「グリース」という整髪料を使ってましたね🆗

「ジェル」だとちょっと、ツヤが出すぎるかなーっていうのと、

「グリース」は「ワックス」みたいな感じで使えるので、

あまり気合入れすぎてる感がないというか、ちょっとプラスのアクセント加えてみました

っていうくらいの気楽な感じで「ウェット感」を出せるので、オススメですね!

今でも、スーツファッションの時は、「グリース」愛用してます

とにかく、「売り上げが上がる可能性のあること」はなんでもやってみた方が良いですね!

やってマイナスにならないことはどんどん取り入れる!このスタンスは重要です!

細かいところですが、あまり意識したことなかった人は、ぜひ試してみてください(^^)

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です