こんにちは。五十嵐です。

貧相な営業マンと

恰幅の良い営業マン。

どちらの方が売れる営業マンになるかと言うと、

恰幅の良い営業マンの方が、有利です。

ガリガリや華奢な体型は説得力が減るんですよね。

逆に、大柄というだけで、説得力は増します。

「胸板の厚さは説得力に比例する」

というのが、本でも出ていたことがあったので、これは間違いないですね。

心理学的にも根拠があったと思います。

対策としては、

体をデカくする笑

筋トレしようって話になっちゃいますね笑

でも、しないよりはした方が良いですね!

胸板厚くする努力しましょう!

でも、自分はあまり筋トレも得意じゃなかったし、

ご飯をたくさん食べるのも苦手だったので、

「スリーピース」(ベスト)を着用するようにしました!

要するに、首元や胸板が貧相な状態を隠したいので、

インナーに少し厚みを持たせる感じですね!

「スリーピース」(ベスト)は最初は抵抗ある人もいるかもしれませんが、

意外と着慣れてしまえば、どうってことないです。

全然、若い社歴のうちから来ていても、問題ないと思います。

もし突っ込まれたりすることがあれば、上記のような理由で着用していると言えば済むと思います。

もちろん、根本的な対策として、健康の向上の一環として、

よく食べる、そして筋トレする、

というのは取り入れれた方が良いですが、それはある程度の期間を要することだと思うので、

手っ取り早い対応策として、「スリーピース」(ベスト)の着用はオススメかなと思います。

あとは、貧相な体格の人は、ネクタイも

ナロータイ(細身)は避けて、

通常の太さのやつにした方が良いですね。

自分のことを客観視できるというのは重要な要素です。

客観視できるから、強みを押し出すことができるし、弱みを改善することができます。

「売り上げを上げる」ために、

プラスになることは積極的に取り入れて、

マイナスになる要素のあることは、潰していく。

売れる営業マンは細部までこだわっています。

自分と同じように、体格にあまり自身のない人は、

取り入れてみてもらえたらと思い、シェアしました(^^)

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です