こんにちは。五十嵐将雄(がらし)です。

 

タイムマネジメント シリーズ

前回の「想定外に投資する」についてもう少し補足を。

 

「想定外に投資する」

というと、「結果が見えない」行動をしないといけない

ということ。

 

となると、どういう反応が起こるか?

自他共に、あがってくる言葉は

 

「そんなことやって意味あるの?」

 

だ。

 

その気持ちは分かる。

 

確かに、結果が不明確なことよりも、明確な方がいい。

人間の性質的にも、結果が想定できる方を優先しやすい

という機能もついているらしい。

 

けど、考えてほしいのは、

 

そういう判断基準でやってきたから、

今の自分なんでしょ?

 

ということ。

 

「今の自分が想定できる結果、未来」

に落ち着いちゃってる

ってことでしょ?

 

現状維持の未来を望むなら、ずっと未来が想定可能なことを選択し続ければいい。

 

でも、タイムマネジメントを向上させていく

=人生をもっとより高いステージに持っていきたい

というのであれば、過去の自分の価値観、判断基準に従い続けていたら、「飛躍」とか「突き抜ける」ってことは確実にないってことは、容易に想像できるんじゃないかな?

 

確かに、今までやったことないことを選択するのは、

「不安」もあるし、「恐怖」もあるだろう。

「失敗」も増えるだろう。

 

でも、確実に分かることは、

「今までの選択よりも、価値があったかなかったかがハッキリする」

ということ。

 

想像以上に良い結果なら、続ければいい。

想像以上に悪い結果なら、やめればいい。改善すればいい。

 

でも、現状の延長の選択では、「無難」な選択しかない。

「無難な選択」の先には

 

「まあまあ」

 

な結果しかない。

 

「まあまあ」な結果を得続けていると、

飛躍もないが、大きなダメージを負うこともないから、

変化を求めなくなる。

 

でも、変化を求めないのに、自分の未来が良くなることを望んでるって、もうロジックが破綻してるよね?

 

 

そう考えたら、本当の最悪は

一時的には悪い結果になる可能性もあるけど、

次の課題が明確になる ことと。

ダメージは受けないけど、

今までよりも改善される可能性も得られない ことと。

 

果たしてどちらなんだろう?

 

求めているゴールは人それぞれだから、

傷つきたくない。

不安なんて、感じたくない。

常に安定していたい。

 

という人は、それでもいいと思う。

 

 

でも、これもタイムマネジメントや人生の真理で、

短期的にストレスを感じたとしても、行動量やアクションが多ければ、長期的には充実感を得られるし、それにふさわしい結果も得られる。

今のストレスを回避するために、行動量やアクションを少なくすれば、短期的にはストレスが軽減されるけど、長期的にはより大きな不安に襲われる可能性が高くなる。

 

タイムマネジメントは、時間の使い方

という「スキル」とか「やり方」と思われがちだけど、

「時間」の本質は「人生」とイコールだと思っている。

 

不安と生きるか、理想に死ぬか?

 

私のバイブルの「覚悟の磨き方」〜超訳 吉田松陰〜

が語りかけてきますね〜。笑

 

世の中や周りの環境がどうなるかは、自分には選べないけど、

自分の人生を

「平凡」に生きたいコースにしたいか。

 

できるかどうかはわからないけど、

「飛躍」の可能性を追いたいコースにしたいか、

 

せっかくこの記事に出会ってくれた人がいたら、

ぜひ、一緒に「飛躍の人生」にチャレンジできたら嬉しいなーと思います(^^)

 

想像もできない未来のために、

想定のできない選択を〜

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です