こんにちは。五十嵐将雄です。

 

昨日、誕生日を迎えました。

色々な人からメッセージをいただき感謝します。

でも、本人はいたって普通の一日を過ごさせていただきました笑

違ったことと言えば、「覚悟の磨き方」
をいつもより長めに読んだことと、
いつもはあまり読まない「死(SPIRIT)」
の章を読んだこと。

「死を想へ」
死をリアルに想像するからこそ、
生の意味を考えることができる。

とは言っても、まだまだ死というものと直面したことがないし、幸か不幸か日本ではその危機に晒されることもない。

ただ、向き合うことで、自分の命と体をどう使っていきたいのか?
ということだけは、やっぱり常に考え続けていきたい。

まだまだ何者でもない自分だけど、
ありがたいことに、年々関わる人も増えるし、
喜びや感動を分かち合いたいと思う人も多い。
まずは、そういった大切な人たちに対して、自分が提供できる価値があるなら、それを最大化させていきたい。

また、なにゆえか、色々な出会いや情報から、
昨日、こうして「覚悟の磨き方」を読んだように、先人たちが残してくれたものを、少しでも
五十嵐将雄というフィルターを通して、伝えたり、生き方や考え方に影響を与えたいと思うようになってしまったので、その部分はこれからも
飽きることなく、追求して、没頭して、体現していきたいと思う。

時代は移り変わるけど、
人として大切な「本質」
は変わらないはず。

その部分をこれからの激動の時代においても、
伝えていけたらと思っている。

自分自身は果たして、一年前の今日と違って成長できているんだろうか?

それは自分では、正直わからない。
関わる人が増えたら成長?
お金が増えたら成長?

ハッキリしたことはわからない。

でも、誰にでもわかりやすい「尺度」を
追ってるだけなら、こんな生き方を選んではいない。
選択、決断をしない方が楽なこともあったと思う。本当にあったと思う笑

ただ、誰かの尺度ではなく、自分の尺度
を持てたときから、自分の本当の意味での
「生き方」であり「志」を磨く旅が始まったんだなと思う。

本当にまだまだ、至らないことばっかりだし、
人に迷惑もかける。信用を失うようなこともしてると思う。逆境に弱い。考え方もブレるときも。

でも、その度に
「自分の覚悟はその程度か?」

と問われているんだなということが、
昨日また少し理解できた気がします。

きっとまだ死ねないし、死ぬ勇気もない。
だったら、生かされてる命、もっと使い切ってやりたい。

自分が映画の主人公なら、どう生きる?
自分が小説の主人公なら、どう選択する?

そう考えたら、まだ俺には、座右の銘なんて
大それたもんはないけど、

【自分が面白いと思った方を選択し続ける人生を】

っていうスタンスかなと思うので、
またここからの一年、自分ていう人間を
どう扱っていったら面白くなるか?

自分という肉体と器を使って、
実験を繰り返す日々にチャレンジしていきたいと思います。

 

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です