Has started〜2020年はもう始まっている〜
2020に変革をもたらす「振り返り」と「ゴール設定」

 

突然ですが、質問です。(★これだけでも、考えてみてください!)

↓↓
【Q=今年は何をやったと言える年ですか?】

 

2020年まで残すところ、あと1ヶ月に迫ってまいりました。
2019年 あなたは何をやったと言える年でしょうか?
もし、こう質問されて「即答」できないのなら、一つ確実なことは

あなたは何かを変える必要がある。
ということです。

【「振り返り」はなぜ必要なのか?】
「今、どこにいるのか?」
「どこに向かいたいのか?」
「そのために、今、なにをしようとしているのか?」

まずは、このあたりをハッキリとさせていく必要があります。
多くの人は目標という名の「目的地」(ゴール)を定めることはしますが、「現在地」を把握する

ということが習慣になっている人は驚くほど少ないと感じています。
現在地が把握できなければ、目的地があっても、たどり着く為の方法手段を明確化することはできません。
あなたが現在どこにいるかがわからなければ、目的地までの道のりを聞かれたとしても、ナビゲートすることができないのです。
ですが、現代人はとにかく「忙しい」のがスタンダードになってしまっているため、「立ち止まって振り返る」ということをしないのです。

 

少し考えてみてください。
あなたがもし会社の社長だったとして、未来を変える重要な決断を
「ながら作業」のように決断することはあるでしょうか?
おそらくないはずです。
ですが、個人の未来を変える決断は、なぜ

「立ち止まって」「時間を確保して」「意思決定をする」

ということをしないのでしょうか?
未来を変えるということは、あなたの人生にとって、本来そんな風に軽んじられるべきものではないと私は思っています。

 

【変化は自動的に起きるが、進化は自動的には起きない】
今年に入って、令和という新しい年号に代わり、時代を象徴する「天皇」も代わり、来年には東京オリンピックもあり、時代はまさに今
大きな変化の刻であると、多くの日本人が感じているでしょう。

でも、時代が変わることと、「あなたの人生が望む方向へと向かっていくかどうか」ということは全く関係がありません。
生きている限り、「変化」は自動的に起きていきますが、
「進化」は自動的には起きてはいきません。
では、進化はどうやって起こしていけるのか?

それは、あなたが向かうべき未来を決め、そこにたどり着く為に、
私は日常を変化させていかなければならないという「決断」と共にあるのです。

【振り返りは未来を変えるため】
年末となると、多くの人が一年を振り返ります。
ですが、多くの人がその振り返りから、何かを学び、新しい決断をし、過ごした一年とは全く別次元の翌年を過ごすことに成功しているという人は多くはないでしょう。それはなぜでしょうか?
それは、「振り返りの定義」がズレているからです。

振り返りとはなんの為にするのでしょうか?
振り返りとは、過去を思い出す為のものではありません。
思い出に浸ることが目的でもありません。
振り返りとは「未来を変える為」にするのです。

つまり、決意と決断の伴わない振り返りは振り返りとは言いません。
今まであなたが毎年年末に行ってきた「振り返り」は果たして
「振り返り」と言えるものだったでしょうか?
もし、確信を持ってYES!と言えないのであれば、今回お届けする
時間は確実にあなたの2020年にプラスの影響をもたらすでしょう。

【「新年の決意」ほどあてにならないものはない】
多くの人は、年が明けた瞬間に高揚し、新年を迎えた幸福感と共に、

「今年こそはこういう一年を送るぞ!」と「決意を新たに」します。
ですが、その決意というのが、1年間続いたことはあったでしょうか?
もしかしたら、うまくいった年もあったかもしれませんが、これまでの人生を振り返ってみてもらえれば、おそらくほとんどの年が新年の目標というのを1年間持ち続けて過ごせたということは少なかったのではないかと思います。
それにはいくつか理由があります。
まず、上記にも言った通り、そもそもその決意はどんな「気づき」によってもたらされた決意だったのか?
理由や信念の伴わない決意は、多くの場合「決意」ではなく、

ただの「合言葉」でしかないことがほとんどです。
前年にできたこと、できなかったこと。納得できていること、そうでないこと。後悔していること。もし同じ一年をやり直せるとしたら、どうしたいと思うのか?
そういった、「情動の伴った振り返り」と共に行われる「決断」だからこそ、未来を変えるエネルギーが宿るのです。
ハッピーニューイヤー!という歓喜の声を聞いた高揚感で立てた決意や目標で未来が変わるなら、今頃すべての人がもっと豊かな人生を手に入れているでしょう。
そういう現状でないということは、「新年の決意」という言葉は、ただの都合の良い言葉であり、幻想であると認識した方がいいでしょう。
もう一つ、行動心理学の観点から、重要な理由がありますが、これはもう少し後にお話させてください。

【正しいゴールの立て方とは?】
目標(ゴール)設定というのは、ほとんどの人がしたことはあるでしょう。
ですが、それらを本当に自分の人生を進ませてくれるパワフルなものとして設定することに成功したことはあったでしょうか?
おそらく、これも多くの人が感じれたことが少ないことかと思います。
僕自身もそうでしたが、目標設定をするとむしろそれがプレッシャーになってしまい、マイナスの感情をもたらしてしまうので、設定するのはやめておこうという人もいるかと思います。
ですが、本来ゴールとは、望む未来に連れていってくれるための強力なパートナーになりうるものです。
今まで、設定したゴールから良いエネルギーを受け取ることができなかったのは、「正しいゴール設定」の仕方を学んでこなかったから。

ただ、それだけのことです。
我流で思いつきのゴール設定でもなく、
上司やパートナーから与えられたゴール設定でもなく、
本当に自分の作りたい未来のために、常に指針となってくれて、かつ自分自身の日常にパワフルなエネルギーをもたらすゴール設定とは?
それを今回のセミナーの中でお伝えしたいと思います。

【新年を迎えてから、ゴール設定することの落とし穴】
年末に「振り返り」のセミナーをやるのは理解できるけど、
なぜ、「ゴール設定」のセミナーまで年内にやる必要があるの?
と思われる方もいることでしょう。
それにはちゃんとした理由があります。

新年の目標は幻想というお話をしましたが、これにはしっかりとした裏付けがあります。新年に立てた目標というのは、
およそ85%の人が2月の3週目までには忘れる。

という研究の結果があると言います。

これは、正しいゴール設定の仕方をしていないからという理由もありますが、もう一つ重要な考え方としてお伝えしたいのが、
「はざまに立ってはいけない」ということです。

どういうことかと言いますと、行動力が落ちるトラップを代表する
口癖として「さて、何しようかな」というものがあげられます。

人や物事は、連続性を失ったときに、エネルギーが失われます。
要するに、2019年は2019年。2020年は2020年。
という風に分断してしまうと、2020年に新たに何かを決断してスタートしていくという時に強烈なブレーキがかかってしまうということです。
ですから、2020年が始まってから、
「さて、2020年の決意をしよう!」というのは、
「はざまに立つ」行為になってしまい、多くの場合その決断を行動に移したり、未来を変える習慣を作るところまで至らなくなってしまうのです。
今回のセミナーでは、2020年の目標を2019年のうちにスタートしておくということもそうですし、上記のメソッドについてもより深く掘り下げてお話することで、今後の目標設定や新たな決断がスムーズになっていくコツもお伝えします。

ここまでのところで、
・多くの人が正しい振り返りができてない理由
・多くの人が正しい目標設定ができてない理由
・多くの人が新年に立てた目標を継続できない理由

といったところがお分かりいただけたでしょうか?

「別に振り返りなんて適当でいいよ」
「別に目標とかなんてなくなって生きていけるよ」

そういう人もいるかと思いますし、いてもいいと思っています。
(ここまでのところを読んでいただけただけでも、今までとは違った新年の迎え方やゴール設定ができるヒントはあると思います。)

どういう一年を過ごしたいかに正解はないですし、各々が納得する
人生を過ごせればいいという風に僕も思っています。

ただ、シンプルに僕が今回のセミナーをやろうと思った理由は
どうせ一年を振り返るなら、意味のある振り返りをしたくない?
どうせ目標を立てるなら、確実性の高い目標設定をしたくない?
というだけです。

冒頭にも話しましたが、おそらく多くの人が、この数年間、特に
2020年に対して「変化の気配」や「今までとは違う一年になる」
という感覚を、言語化できてるにしろできてないにしろ、感じているのではないかと思います。

ただ、その変化は自分にとって必ずしもポジティブな変化になる
とは言い切れません。
人間にとって、変わることは恐怖ですし(脳の中では)、変化を起こしていくことは面倒なこと(脳の中では)です。

ですが、これだけ多くの人が感じている「変化」のエネルギーを
どうせなら、自分たちにとってポジティブな機会としてキャッチしていけたらと思っているので、参加される人にはそのヒントやエッセンスを余すところなく伝えていけたらと思っています。

 

以下、開催の詳細です
↓↓
日程=12月7日(土)
時間=13時〜17時
場所=中央区or千代田区近辺を予定
受講料=通常¥7000 早期割引¥5000(11月29日までの申し込み)
お支払い方法=銀行振込orPayPal支払い

申し込みはこちら

 

【変化をより確実なものにしていくための、二つの特典】
「せっかく年内の開催だから、2019年の過ごし方もより良く変えていけたらなー」
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、
特典①「残り1ヶ月を後悔なく過ごすタイムマネジメント」
というテーマで、LIVEセミナーをやります。
(※特典①は早期割引でお申し込みいただいた人のみを対象)

年末を迎えると、なんとなく「今年も頑張ったな」と
自分を褒めたくなることも多くなるでしょう(僕もよくあります笑)
ですが、押さえておきたいのは、
充実感を感じているからと言って、意味のあることをしている(してきた)わけじゃない。
ということです。
なんとなく幸せ。なんとなく頑張った。なんとなく良い年だった。
そう感じるのは、対して難しいことではありません。
大変な仕事も終われば充実感を感じるのに、人生トータルで見たら、全然変化を起こせてなくて、気づけば不足感やネガティブな感情でいる日が多くなってしまうのも同じことです。
このLIVEセミナーを聞いてもらうことで、そういった謎の満足感や、謎の充実感ではなく、残り一ヶ月を本当の意味で後悔ない過ごし方をするために、大事なタイムマネジメントの方法というのをお伝えできればと思います!
日程=11月30日(土)(オンライン FBグループを予定)
時間=11時〜12時を予定(後日でも見れるようにしますOK)

【2020年に変革をもたらすのは新しい習慣】
「正しいゴール設定をしても、実際に望む未来に繋がる日々に変えていけるかはやっぱり不安がある、、」
と思われる方もいらっしゃるかもしれないと思ったので
特典②「設定したゴールのリマインド会&習慣形成MTG」
というテーマで、新年の会合を開きたいと思います!

正しいゴール設定をできれば、自分自身の時間の使い方や、1年間を
「どこにフォーカスしていけばいいか?」という焦点は定まっていきます🆗

ただ、変化を確実なものにしていくためには、「具体的な行動」を
変えられるかどうかが勝負になってきます。
ですが、人間の意志は思っているほど、あまり強くはありません。
強かったら、曖昧に立てた目標だったとしても、多くの人がもっとより良い人生をどんどん実現していってることでしょう。
わかっていても、なぜできないか?
それは、「今までの自分を作ってきた習慣」が強く残っているからです。
私たちが手にしている結果の99%は、今自分が身につけている  「習慣」がもたらしているものです。
ビジネスの結果も、人間関係の結果も、健康の結果も、お金の結果も、すべてが「習慣の結果」と言っても過言ではありません。

時間の都合上、年内のセミナーの一日ではそこまで踏み込んでお話はしませんが、新年を迎えてから、実際に日常に変革をもたらせてこそ、今回僕がお伝えするセミナーも初めて意味を持ってきます。
そこで、年始に一度集まる日程を組むことで、セミナーを受けてから変化を共有してもらったり、改めてセミナーのポイントを復習したり、変革をもたらす「習慣形成」をしていくための、プチセミナーを開催したいと思います🆗
もちろん特典なので、無料で開催します🆗
初詣みたいな気持ちで、五十嵐に会いに来てもらえたらと思います笑

日程=2020年1月5日(日)
時間=10時〜12時
場所=プロハ神保町

 

 

【追加日程のご案内】
どうしても、上記日程だと厳しい、、
という方のために追加日程(平日夜)をご用意させていただくことにしました。
こちらは、「振り返り」と「ゴール設定」のテーマを1回ずつ行わせていただくので、2日間に分けて行わせていただきます。
日程=12月12日(木)&19日(木)
時間=19:30〜21:30
場所=プロハ神保町
受講料=¥3500(各回)
(★両日程参加かつ11月中の申し込み=特典①と②を対象)   (★両日程参加で、申し込みは12月=特典②のみ対象)
お支払い方法=銀行振込orPayPal支払いor当日支払い

申し込みはこちら

 

【2020年 変革をもたらす集団になる】
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
今年一年、単発で行ってきたセミナーと、時間あたりの単価は変えていませんが、(むしろ事前申し込みならかなり割安に)前後の特典なども含め、僕の年末年始すべてのエネルギーは今回のセミナーと、そのあとのみなさんのフォローに注がせていただくつもりです。
なぜ、そこまでエネルギーを注ぐのか?

それは今回のセミナーを通して、一緒に2020年をよりチャレンジングな1年にしていく「仲間」や「同志」と出会いたいからです。

変化を起こしていくためには、「新しい習慣」を作っていくことが大事と上記でお伝えしましたが、習慣に変化をもたらすには多くのエネルギーを必要とします。

一人では、高いエネルギーを生み出すことと、それを維持していくことの難易度はとても高くなります。

ですが、共に高いエネルギーを持つ人、良い習慣を持つ人がいることによって、「新しい習慣」を作っていける成功確率というのは、飛躍します。

そう言った意味で、僕はより自分が飛躍していくためであり、みなさんを確実に飛躍させていくために、協力して2020年にチャレンジしていけたらと思っています。

【1年後は必ずやってくる。1年後あなたはどこにいたいだろうか?】
長くなりましたが、すべての人にお伝えしたいメッセージはこの一文に集約されています。

1年後というのは、誰しもに平等にやってきます。

基準高く過ごしても、平凡な日々を過ごしても、同じです。

ですが、大事なのは「あなたがどこに向かいたいと思っているのか?」

ということに尽きます。

なんとなくの日々の中には、自分自身の心から望む未来、心から望む生き方が見つかる可能性と体現できる可能性は低いでしょう。

「変化」ではなく「進化」していくためには、自分自身のうちなる声に耳を傾けて、向かいたい未来に向かって、行動を起こし続けていく。

という、「決断」が必要なのです。

共に、生き方を向上させ、日常に変革をもたらす「実践者」としての2020年をチャレンジしていけることを楽しみにしています。

五十嵐将雄

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です