会社員4年目を終えて、今までの自分のスタンスでは、

会社の中でお荷物社員でしかないなということを本気で反省しました。

読書や自己投資は全くゼロにしたわけではないけど、

それ以上にもう一度、1年目や2年目の時に仕事に集中していたように、

会社の中で成果を出すことにフォーカスすることにしました。

会社を辞めることも当然将来的には考えてはいたものの、

それは、一つの成果を出してから「卒業」という形でじゃないと、

「ダサいな」と思ったし、ここで成果を出すことができないような人が、

外の世界に行ったって活躍できるはずがないと思ったので。

なので、スタンスを変えて、会社の仕事に集中し始めました。

今までのように、先輩社員を変に見下したりせずに、自分よりも成績優秀な先輩はすべてリスペクトの気持ちを持って、学びをこうことにしました。

選択と集中。

自分の人生の中で、一番その言葉がしっくりくる年だったかもしれません。

複数のことを同時に処理することも当然できる能力は誰にもあるとは思うのですが、

何か、成し遂げたい物事があった時に、フォーカスするポイントを絞る

というのは非常に大事だなと思います。

池田貴将さんからの学びで、

選択肢が多くなると、「受動的になる」というものがありました。

選択肢が少ないと、それをやるしかないから、どんどん能動的に動いていけるのに対し、

選択肢が多くなると、自分にとって都合の良い選択肢が出てきた時だけ、動けば良いや。

というふうになってしまい、自ら行動を起こすエネルギーが下がるようです。

まさに、この1年前の自分がそうなっていた気がします。

会社の中で成績が上がるなら、それはそれで良いし、

社外の出会いの中から、会社を辞めるきっかけやチャンスがくればそれもアリだし。

というようなスタンスでした。

結果的に、どちらからもそんな都合の良い機会は訪れませんでしたね笑

逆に一つのことで成果を出すと、それ以外のことにもたくさんの好影響が訪れるというのも、

この歳に体感できた気がします。

一つのことで成果を出すことで、

それが信頼になれば、仕事は派生するし、

それが評判になれば、新しいチャンスは巡ってくるし、

それが自信になれば、自らまた新しいチャレンジをすることができる。

そんな期待効果が得られるので、

今、いくつも選択肢を抱えてるけど、なかなかどれもイマイチだなー

という場合には、思い切って選択肢を絞るということをしてみてはいかがでしょうか?

選択肢を絞るのは勇気がいることかもしれませんが、

一つのことで成果を出すことで、今他の選択肢で捨てきれない可能性も、

結果的に最大化することができるのではないかと僕は思いますので(^^)

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です