6年目からガッツリとサイドビジネスをやり始めていた自分は、

もう割り切ってサイドビジネスにフォーカスを変えていました。

営業の合間も、仕事後のアフターの時間も、土日の休みの日も、

全てをサイドビジネスに費やしました。

おかげで、そちらの方でもある程度の成果を出すことができました。

当然、その間も会社の仕事はもう要領を掴んでいたので、

最低限の仕事はこなし、責任は守りながらという形ではありました。

ちょっと自分の場合は極端にやりすぎたなという印象はありましたが笑

でも、これからの時代、「サラリーに依存しない働き方」

というのは非常に求められてくるなと思います。

日本全体でも、副業を勧めるような施策や意思決定が、政府からも発表されています。

もちろんそれを受け入れるかどうかは、企業のスタンスによるとは思いますが、

もう時代の流れが、一つの企業に勤めて、定年まで働く、

という今までの「常識」が通用しなくなってきていますよね。

でも、自分はそういった状況をポジティブに受け止めています。

今までは、個人の価値観や考え方よりも、

国の考え方や企業の考え方に従っていれば、幸せが保証されていた。

でも、それが通用しなくなってくるおかげで、僕たちは

「自分はどう生きたいのか?」「どう働きたいのか?」

ということを真剣に問われる時代を生きているということだと思うからです。

本来、あるべき姿になってきたのかなと思います。

これからも会社や企業の数自体が劇的に減ったりするわけではないと思うので、

会社員として働く人はまだまだ主流だとは思いますが、常に思っておいてほしいのは、

「人生の目的はなんなのか?」「自分の生きたい人生とは?」というのを、

考え続けること。

そして、その人生は「会社が作ってくれる」のではなく、「自分で創っていく」ということ。

会社は、自分に報酬という対価を与えてくれながら、仕事を通して成長させてくれる、

非常に素晴らしい環境だと思います。

でも、依存はしないでください。

一つの会社に依存する生き方、働き方をしているということは、

その会社に自分と自分の大切な人の人生を預けているということになります。

仮にその会社が立ちいかなくなった場合に、会社に文句を言っても、状況は好転しません。問題は解決しません。

全ては、自己責任になってしまうと思います。

不安を煽りたいわけではないですが、そういう時代を生きてる以上は、その時代に合った働き方を自分たちも見つけていかなければいけないということでしょう。

会社が週7日間、すべての時間とエネルギーを奪ってくるような会社だと難しいですが、

そこまでの厳しい環境でなければ、将来のための準備をする時間は誰にも与えられているはずです。

自分の本当に望む状況、こうしていきたいという「志」さえ定まれば、

方法や手段は後からでもいくらでもついてきます。

ぜひ、そういった自分の心の奥底にある、本当の「想い」と向き合っていただき、

一歩でもその理想に近づく日々を一緒に歩んでいきましょう(^^)

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です