こんにちは。五十嵐です。

 

2年目の営業マン時代では、新規開拓に成功して、

営業マンとして良いスタートラインをきることができました。

 

でも、3年目はそううまくはいきませんでした。

 

今までは、がむしゃらに量をやっていたら、なんとなくうまくいっちゃった

という感じだったのですが、3年目になると既存の取引先を持たせてもらうようになり、会社からも「ノルマ」が与えられるようになりました。

 

自分は、今までと同じように一生懸命やってさえいれば、成果が出ると信じて動いてましたが、営業は「やみくもに」やってもうまくいかないという現実と直面しました。

 

ただ、自分が問題だったのは、そういう状況を特に危機と思わずに、対策を打たなかったスタンスにありました。

 

1年目でクビ寸前に追いやられ、

2年目で社内からの信用を得ることに成功して、

自分の地元で働かせてもらうことができて、

どんなに売れてなかろうと、その環境で仕事ができているということに対して、「満足感」があったからです。

 

だから、売れるかどうかということにあまり真剣になれませんでした。

 

なんとなく、仕事できていれば良い。

売れてないのは、商品が悪いから仕方ない。

まだ、社歴が浅いからそこまでの責任はない。

 

と、自分が売れなくても良い理由を正当化することばかり考えていました。

 

だから、先輩社員など、すでに営業マンとして活躍している人たちからも真剣に学ぼうとせずに、仲の良い後輩社員とばかり時間を共有するようになりました。

 

後輩社員たちはまだ、社会人になりたてですし、

営業マンとして、揉まれている訳でもありません。

 

ですから、そんな環境にいても、自分自身の営業マンとしてのレベルが磨かれる訳はありませんでした。

 

一緒にいる相手、いつも話している相手、

そういうところに人の基準は落ち着いてしまいます。

 

幸せのハードルを低くして、幸福感や充実感を感じながら仕事をすることは大事ですが、仕事自体の基準が低いのは問題です。

 

基準が低い、成果が出ないということは、

会社にも貢献しない、

お客様にも貢献しない、

自分自身も成長しない、

 

こういう状況につながります。

 

ですから、どんなに仕事が楽しかったり、幸せを日々感じていたとしても、「基準の低いところで満足しない」

ということは頭にいれておいてもらえたらと思います。

 

基準が低いのが楽。

基準が高いのが苦。

 

そういう訳じゃないんです。

「慣れてる」かどうかだけの違いなのです。

 

基準が高い環境に慣れてしまえば、

そちらの方が「楽」になり、

基準が低いのが「苦」になります。

 

そのどちらの営業マンでいたいのかというのは、

常に自分に選択権があります。

 

ぜひ、自分自身の理想の営業マン像を見失わずに、

日々基準を高めていく努力をしていってもらえたらと思います(^^)

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です