こんにちは!

五十嵐(がらし)です!

 

本日は、3/12(火)に行うキングダム会のために、

まず気になっていたこちらを購入するとこからスタート

 

ようやくゲット✨

 

今後は、今よりもさらに講師としての活動を加速させていくことはもちろんなのですが、こういったポピュラーなコンテンツ×本質的な学び

というのを掛け合わせた場をたくさん作っていきたいなと思っております!

 

セミナーだけなら、僕よりすごい人はたくさんいるけど、

多くの人がキャッチできるように、コンテンツと掛け合わせて、他人の基準を引き上げることや、パラダイムシフトが起きるために活動してる人ってそんなにまだいないのかな?

と思ってるので、自分はそこの部分から多くの人が、もっと自分自身を高めていくことに興味関心をもったり、より多くのものを達成する、実現できる自分になっていくことのサポートをしていきたいと思っています✨

 

 

さてさて、前置きが長くなりましたが、本日は表題にもあげた

「メモの魔力」と、そのおかげで最近よく飛び交っている「言語化」

ということについてアウトプットしたいと思います。

 

本日のメモ魔「1000問ノック」会

 

初参加してくれた彼女も、僕がストーリーズで「言語化」について発信した時に、

自分もそのスキルを鍛えたいということで、今回参加してくれました(^^)

 

 

「言語化」スキル

 

先日、美容室業界で圧倒的な事業展開をしている

北原孝彦さんのお話を伺った際にも、たくさん出てきた言葉です。

 

なぜ、言語化は重要なのか?

 

たくさんありすぎて、どこから説明したら良いのかという感じですが、

自分が最近色々な人とお話する中で大事だなと思った点を

3つシェアしたいと思います。

 

一つ目は

表現力と共感力(コミュニケーション力)

です。

 

言語化ができるということは、人に伝えられる手数や手段が増えるということであり、相手の伝えてくれている情報をより細かにキャッチできるようになる。

要するに「コミュニケーション力」が高まります。

 

例えば、食べ物を食べた時に、「美味しい」とか「旨い」しか言葉を持っていないと、「どのくらい美味しいのか?」という「尺度」が全くありません。

「ライブアライブ ポゴ」の画像検索結果

なので、こちらから伝える際も、相手から伝えられる際も、

相手から伝わる情報の温度感や「精度」にかなりムラが生まれることになります。

 

こちらから、伝える力に乏しい人は、言葉でうまく表現できないから、伝わらない時に「感情的」になったりしてしまいます。

「イラつく 感情」の画像検索結果

だから、怒ったり、不機嫌になったり、することで相手に自分のメッセージを表現したりしてしまうこともあるかと思いますが、これは当然一方的なコミュニケーションになりますし、相手の人もみんながみんな共感力や傾聴力に長けた人ではないと思うので、一方的なコミュニケーションは軋轢や不和の原因になります。

ケンカや諍いの原因の多くは、「コミュニケーションロス」であり、「相互理解」が欠如していることが考えられます。

また、相手が「言語化」能力が高くても、こちらがキャッチできる容量がなければ、その言葉を正確に自分の中に落とし込むことはできません。

ブルーレイディスクをもらっても、ビデオデッキやファミコンじゃ再生できない

とでも言いましょうか笑

 

ですので、自らの「表現力」と相手の言葉を受け止める「理解力」

があることで良好な人間関係に繋がると思います。

 

 

二つ目は

伝える力(セールス&マーケティング力)

です。

 

ビジネスに置いて重要な要素はほぼほぼこの

セールスとマーケティングのスキルによって決まる

と言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

ですが、この双方の要素にも切っても切り離せないのが、

「言語化」のスキルであると言えます。

 

簡単に言ってしまえば、

セールスは、「リアルの場」で相手を動かす力

マーケティングは、「情報の場」で相手を動かす力

 

と表現できるかと思います。

(もちろんオンラインでもセールスはできますが)

 

①の要素でもあげたように、人を動かす時に「言葉」は重要です。

感情やジェスチャーなどで表現することもできますが、

人の思考は言葉でできていることからも、やはりその言葉が扱えることで、

ようやく相手に伝える手段を手にしていると言えます。

「伝える」の画像検索結果

どちらにも共通しているのが、「自分の想いを言葉にすること」

かと思います。

セールスでもマーケティングでも、「自分の提案がなぜ相手にとって必要なのか?」

と言った理由や想いやストーリーを伝える必要があります。

「伝える」の画像検索結果

(今、注目のこの人も伝える力の重要性を説いてますね🆗笑)

 

なので、表現力に乏しいというのは、イコール「伝える力」の足りなさに直結します。

当然、想いを伝える力に乏しいということは、相手を動かす力に乏しい

とイコールになると思うので、「言語化能力」は、ビジネススキルの面においても、大きく結果を左右するスキルであると言えると思います。

 

 

三つ目は

曖昧を明確にする(抽象的→具体的)

です。

 

 

人が人生を変えるには、「行動」を変える必要があります。

 

抽象的な物事の考え方や思考ができることは、とても重要ですが、

「行動」というのは抽象的なものではなく「具体的」なことです。

 

概念や考え方は「行動」にはできないのです。

 

だから、現実を変えていくには、自分が次に「どんなアクションを起こすのか」

ということを「具体的に」「明確に」決めていかなければいけません。

 

ですが、脳は「曖昧な状態を好む」ようにできています。

 

なるべく、「決めたくない」し、「ハッキリさせる」ことから遠ざかるようにできています。

「曖昧」の画像検索結果

 

なので、自分自身が色々と考えていること、思考の中身を

具体化しないことには、いつまで経っても、潜在意識は現実を変えるための行動を勝手には起こそうとはしてくれません。

 

だから、現実を動かしていくには「具体化」すること

曖昧になっていることを「具体的に」すること

抽象的になっているものを明確に「言語化」する必要があります。

 

具体的になって、初めて自分が起こすべきアクションがわかるのです。

「一歩」の画像検索結果

 

 

まとめますと、言語化スキルを高めるということは

①表現力と理解力(コミュニケーション力)

②伝える力(セールス&マーケティング力)

③曖昧を明確にする(抽象的→具体的)

 

少なくとも、これらの要素すべてを向上させていくことに繋がります。

 

非常に重要な要素であると、感じていただけると思いますし、

逆にこのスキルが乏しいことの損失やリスクも感じていただけたのではないでしょうか?

 

僕自身は営業マンだった過去もあり、読書が好きだったこともあり、

言語化については人から褒められることはよくあります。

 

でも、まだまだこのスキルをもっと高い次元に高めていきたいですし、

自分の周りにいる人には、少しでもこのスキルが高まることをお手伝いして、自分とももっと深いコミュニケーションや、感情の共有ができるようになったら嬉しいなと思って、きっかけの一つとしてこの「メモの魔力1000問ノックの会」

をやっていこうと思ってます(^^)

 

少しでも、「言語化」のスキルに興味関心を持つ機会になったら嬉しいですし、

一緒に「メモ魔の会」に取り組もうと思える同志にも出会えたら嬉しいです(^^)

 

長文になってしまいましたが、お読みいただけた方、ありがとうございました✨

 

今日は僕入れて2名でした!

やると決めた時間は、一人でもやると決めてます🆗

僕が1000問終わるまでは、きっとやり続けるはず✨

次回は3/23(土)16:30〜19:00 @神保町

でやります(^^)

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です